SEO対策とは?初心者でもできる基本施策を9個紹介!Googleの評価基準や仕組みも分かる

株式会社MEMOCOの

オウンドメディア支援

☑オウンドメディアを運用したいけれど、何をすればよいか分からない

☑運用の知識を持つ人がいない・人員が足りない

☑本気で心を動かすコンテンツを作り、高い成果を上げたい

上記に一つでも当てはまる方は、自社メディア運営で成果を上げる当社までご連絡ください!

SEO対策は専門的なイメージが強く、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いのではないでしょうか?

SEO対策をしっかり行うと、多くの集客を上げられ、結果的にWEBサイトが大きな財産になります。

そこで、まずSEO対策に取りかかるために、基本知識を身につけることから始めましょう。

本記事ではSEO対策の種類や検索エンジンの仕組み、メリット・デメリットなどのSEO対策の基本を徹底解説します。ぜひ基本を理解して、取り組んでください。

目次

そもそもSEO対策とは?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語で「検索エンジン最適化」とも言います。

検索エンジンの検索結果において、自社サイトや自社サイトの各WEBページを上位に表示させるための施策全般を指します。

検索結果で上位表示させるには、検索エンジンにWEBページの内容を正確に理解してもらい、高く評価されなければなりません。そのためSEO対策では、検索エンジンに対してWEBサイトを最適化し、高評価されるための施策を行います。

WEB広告やSNSなどWEBマーケティングの施策の一つであり、SEO対策は最もポピュラーで、実践企業が多い取り組みです。

近年は、「何かを知りたい」「どこかに行きたい」「あれを買いたい」など、さまざまなシーンで検索エンジンが利用されています。またスマホの普及により、検索行動がさらに身近になりました。

このような背景からSEO対策により自社サイトが上位表示されれば、多くの訪問者の流入を期待できます。

ちなみに、検索エンジンで最もシェア率が高いのはGoogleです。また日本で第二位のシェアを占めるYahoo!は、Googleの検索エンジンの仕組みを採用しています。そのためGoogleの検索エンジンに向けた対策を行うと、GoogleだけでなくYahoo!の対策にもなります。

SEO対策の7つの種類

SEO対策を実施するには、SEO対策の種類を理解することが基本です。SEO対策の種類は、主に以下の7つがあります。

  • コンテンツSEO
  • インデックスの最適化
  • クローラビリティの最適化
  • ユーザー体験の向上
  • 外部施策
  • その他

ここからは、上記を詳しく紹介します。

①コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、WEBサイトのコンテンツ(記事)をユーザーにとって利便性の高い良質なものにする手法です。

Googleはコンテンツの質を重視する傾向が強くなっており、上位表示させるには、コンテンツSEOを重点的に行う必要があります。

コンテンツSEOを行う時に、土台となるのがユーザーの検索意図です。ユーザーがどのような課題やニーズでそのキーワードを検索したのかを把握し、その意図を満たすコンテンツを制作することが、必要不可欠です。

検索意図を満たし、情報を網羅したコンテンツであればあるほどGoogleに高く評価されることにあり、検索順位にも反映されるでしょう。

②インデックスの最適化

SEO対策において、インデックスの最適化も必要です。インデックスの最適化は、WEBサイト内部の施策である「内部対策」に分類されます。

Googleは各WEBページにGooglebotというロボットプログラム(クローラー)を巡回させて、情報を収集します。この作業をクロールと言います。

そしてクロールで得た情報をデータベースに登録して解析し、索引として整理します。この作業がインデックスです。

ユーザーが検索した際、インデックスされている内容からニーズを満たすWEBページを判別してランキングとして検索結果に表示させる仕組みになっています。

つまりインデックスされていなければ、検索結果にも表示されないのです。

GoogleがWEBページの情報を正確に読み取ってインデックスしてくれるよう、各サイトやページを最適化しなければいけません。

たとえば低品質なページはインデックス排除したり(noindex設定)、正しくHTMLタグを記述して内容を読み取りやすくするなどの施策を行います。またタイトルやメタディスクリプションの設定も、インデックスを促進します。

③クローラビリティの最適化

インデックス最適化と同様に、クローラビリティの最適化も、SEO対策に必須の項目です。こちらも内部対策の手法になります。

クローラビリティの最適化では、Googlebotがサイト内を巡回しやすくなるよう、内部リンクやパンくずリストなどを設定して別ページへの導線を作ります。またXMLサイトマップを設置し、サイト内の構造をGooglebotに伝える工夫も必要です。

そもそもWEBページ内の情報を正しく読み取ってもらわなければ検索結果にも表示されないため、クローラビリティ向上はSEO対策の基本と言えます。

④ユーザー体験の向上

Googleはユーザーにとっての利便性を重視しているため、WEBサイトはユーザー体験(UX:ユーザーエクスペリエンス)を高めていかなければなりません。ユーザー体験を損ねているWEBページは低品質と評価されるため、注意が必要です。

ユーザー体験向上対策において代表的なものは、モバイルフレンドリー対策です。スマホユーザーが増加している現代では、モバイルデバイスで検索行動をするユーザーも増加しています。したがってモバイルデバイスでも閲覧・操作しやすいWEBサイトの設計が求められます。

またページの表示速度も、ユーザー体験に影響します。重くて表示速度が遅いWEBサイトはユーザーにとってストレスになってしまうため、表示速度を改善してUXを高めましょう。

ちなみにこれらは自社サイト内で施策を行うので、内部対策に該当します。

⑤外部施策

良質なWEBサイトを閲覧したユーザーは「誰かに紹介したい」と思い、そのサイトを自身のSNSやブログなどで紹介することもあるでしょう。Googleも、そのWEBサイトが外部から評価されているほど良質だと判断します。

具体的には被リンクやサイテーションの獲得が、外部からの評価の判断材料になります。

被リンクは他サイトに自社サイトのURLをリンクしてもらうことを指しています。サイテーションとはSNSなどで自社サイトについて言及してもらうことです。

自社サイト外でのことなので自社ではコントロールが難しい部分ですが、高品質なコンテンツ(記事)を制作すれば、自然と外部から評価を得られます。

⑥その他

上記のした以外にも、日々の細やかな作業がSEO対策につながります。

具体的には、過去に公開したコンテンツ(記事)のメンテナンスなどがこちらに該当します。情報が古いWEBページはGoogleから低評価を受ける可能性があります。また最新情報が抜けてしまっているWEBページもあるでしょう。

このようなページをリライトして情報を更新すると、ユーザーの利便性が向上しGoogleから高く評価されます。

SEO対策の基本であるGoogleの評価基準

SEO対策に取り組むにあたり、Googleがどのような基準で評価しているかを理解しておきましょう。Googleの考え方を理解してSEO対策を実施すると、より成果を高められます。

最重要視されるのは「E-A-T」

近年Googleが最も重視しているのが「E-A-T」の3本柱です。それぞれ以下の意味をもちます。

  • E:Expertise(専門性)
  • A:Authoritativeness(権威性)
  • T:Trustworthiness(信頼性)

E-A-TはGoogleの品質評価ガイドラインにて高頻度で登場しているキーワードであり、Googleが重視していることがわかります。

E(専門性)が高いWEBサイトとは

E-A-Tのうち、最初のEは専門性を示します。たとえば以下のようなWEBサイト・コンテンツが専門性を満たすと考えられます。

  • 専門的な会社(人物)が執筆している
  • 何かのテーマに特化している
  • ユーザーの検索意図を満たす高品質な内容である

このような視点から専門性を判断して評価しているのです。

A(権威性)が高いWEBサイトとは

E-A-TのうちのAは権威性です。以下の条件は、権威性を向上させる項目と言えます。

  • 専門家が執筆(監修)している
  • 被リンクを多く獲得している
  • サイテーションを多く獲得している

たとえば、あるジャンルの素人が書いた記事と専門家が書いた記事では、どちらに権威性があるかと考えると、当然ながら後者であると答えるでしょう。このように権威性が高い記事やWEBサイトは、必然的に品質が高いとGoogleに判断されます。

T(信頼性)が高いWEBサイトとは

Tは信頼性を表し、以下のような条件が該当します。

  • 一次情報が書かれているか
  • 情報元は信ぴょう性のある機関のものか
  • 運営者の情報は公開されているか
  • 安全に接続できるか

WEBサイトの内容についての信頼性はもちろんのこと、運営者の信頼性なども評価指標になります。

品質評価で重要な「YMYL」

E-A-Tとセットで覚えておきたいのが、YMYLです。YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、「あなたのお金と生活」と直訳できます。つまり私たちの金銭や生活に大きな影響を与える分野と言えるでしょう。

具体的には、医療や金融、法律や政治などです。人種、宗教、進学、就職などもYMYL分野に該当します。

これらのYMYL分野は、間違った情報が含まれたWEBサイトやコンテンツ(記事)を参考にして実行してしまったユーザーは、人生に大きな影響を受けてしまう可能性があります。そのためYMYL分野については、より厳しくE-A-Tを重視するとGoogleは提言しています。

SEOで検索順位が決定される仕組み

SEO対策では、検索エンジンの仕組みについての基本知識を理解することも必須です。ここからは、検索順位が決定される仕組みの基礎となる以下の3つを詳しく解説します。

  • クロール
  • インデックス
  • 検索結果の表示

クロール

Googleをはじめとする検索エンジンは、クローラーと言われるロボットプログラムを各WEBページに巡回させて情報を収集します。この作業がクロールと呼ばれます。

人間は文章を読めば「ここが重要な箇所だ」「筆者が言いたいことは、こういうことだな」と判断できます。しかし検索エンジンは人間ではないため、文章からは内容を正確に読み取れません。したがってHTMLタグで記載されている内容を基に、重要な箇所や画像などを判断しています。

ちなみに、そもそもURLを発見できなければクローラーが訪れないため、クローラーにWEBページの存在を知ってもらわなければいけません。そのためリンクやXMLサイトマップなどでURLを発見する導線を設置する必要があります。

Googleサーチコンソールを使えば、クロールをリクエストすることも可能です。

インデックス

クロールで収集した情報はデータベースに持ち帰られます。そこでインデックスと言われる、データベースへの登録作業が行われます。

インデックスとはもともと「索引」という意味であり、検索エンジンにおいてもデータベースに情報を登録して索引ごとに整理するという仕組みになっています。

つまり正確にSEO対策がされていなければ、意図しない索引でインデックスされてしまうといったケースもありえます。

検索結果の表示

インデックスされている内容を基にして、検索結果をランキングします。

各WEBページは数百の指標から評価され、ユーザーが検索したキーワードに関連性が高いWEBページほど上位表示されます

Googleの評価指標は数百にもわたりますが、どれも「ユーザーの利便性」という点に共通しています。そのためユーザー視点を忘れずにWEBサイトを制作しなければいけません。

初心者でもできる9つのSEO対策

SEO対策は専門的なスキルが必要なイメージがありますが、初心者でも対策が可能です。ここからは、初心者におすすめの9つの対策方法を紹介します。

 

オウンドメディア支援なら、当社にお任せください!

 

①タイトルタグの設定

クローラーはタイトル情報を最初に読み取り、どのような内容が書かれたページなのか理解します。そのため各コンテンツにはタイトルを設定し、クローラーの理解を促します。

HTMLで記述する場合のタイトルタグは<title>文書のタイトル</title>となります。WordpressなどのCMSを利用すると自動で設定されます。

タイトルの文字数には制限はありませんが、検索結果への表示形式を考慮すると32文字に収めるのが最適と言われています。記事コンテンツ内で対策しているキーワードをタイトル含むと、クローラーが理解しやすくなります。

②テキストの設定

本文のテキストには、タイトルと同様にキーワードを適度に含みます。

また対策キーワードの関連キーワードや共起語などを自然なかたちで入れ込むことで、内容の網羅性が高まりユーザーの検索意図を満たすことができます。

またテキストもHTMLタグを活用して、太字やリストなどを設定します。クローラーはタグを参照してコンテンツの内容を読み取るため、テキストを羅列するだけでなくタグの設定も忘れないようにしましょう。

③主要キーワードの関連候補を確認する

対策する主要キーワードに関しては、関連する単語やフレーズなどの関連キーワード(LSIキーワード)や共起語も調査します。これらのキーワードを分析すると、ユーザーの検索意図をある程度理解できるからです。

たとえば「ダイエット」と検索窓に入力すると「食事」「食品」「スープ」といった言葉がサジェストキーワードとして一緒に表示されます。つまりダイエットについて調べるユーザーは、食生活を改善して痩せたいと考えていると予測できます。

④キーワードツールで検索ボリュームを確認

関連キーワードやサジェストキーワードからユーザーの意図を読み取れたら、次はそれぞれの検索ボリュームを確認します。検索ボリュームとは月間で検索される回数です。

検索ボリュームが多いキーワードは「ビッグキーワード」と言われ、上位表示されると流入数も期待できます。しかしビッグキーワードはすでにパワーのある競合記事が上位を占めてしまっているため、SEO対策をしても効果が得られない場合もあります。

そこで検索ボリュームの少ない「ロングテールキーワード」や、ほどよい検索ボリュームのある「ミドルキーワード」を中心に対策して徐々に流入数を増やしてからビッグキーワードに取り組むと良いでしょう。

⑤キーワードの検索結果でユーザーの要望をイメージ

対策するキーワードが決定したら、実際に検索して上位のコンテンツ(記事)を確認します。

上位であるということは、検索エンジンが「ユーザーのニーズを満たしている」と判断した記事と言えます。そのため上位記事を確認すれば、ユーザーが求めている情報が把握できるでしょう。

⑥内部リンクの構造を最適化

各コンテンツは、内部リンクの最適化を行います。しかし、関連性が低いコンテンツ同士が内部リンクされていると、ユーザビリティを損ねかねません。もちろんクローラビリティも低下してしまいます。

関連性の高いコンテンツを内部リンクで設定し、パンくずリストでサイト内構造を明確にして対策してください。

⑦コンテンツの信頼性を明示する

E-A-Tの項目でも解説したとおり、信頼性の高さはユーザーにとっての利便性につながり、検索エンジンからの高評価も得られます。

信頼性を表すためには、以下の対策が有効です。

  • 信ぴょう性のある情報元を記載する
  • 一次情報を記載する
  • 実体験を基にした内容を執筆する
  • 専門家の執筆や監修ではプロフィールを記載する

このように信頼性の根拠となる情報を記載して、信頼度を高めましょう。

⑧SNSやチラシで告知活動を行う

良質なコンテンツ制作は被リンクやサイテーションにつながりますが、そもそも自社サイトを認知してもらわなければいけません。認知度を高めるために告知活動を行いましょう。

インターネットが普及している今の時代、SNSによる宣伝は大きな効果が期待できます。また実店舗がある場合には、チラシの設置も効果があります。

⑨ページスピードを改善する

ページの表示スピードはユーザビリティ向上につながります。またページが軽くて読み込み速度が早ければ、クロールのリソースを削減できるためクローラビリティも向上できます。

ページスピードに関する指標は「コアウェブバイタル」と言い、正式にランキング要素としても含まれている項目です。表示速度改善を図りましょう。

SEO対策のメリットとデメリット

SEO対策の基本を学ぶにあたって、SEO対策のメリットとデメリットもしっかり学んでおきましょう。ここからは、メリットとデメリットを2つずつ紹介するので、自社で取り組む際に意識してください。

メリット①広告費用が抑えられる

検索結果に表示されるのはSEO対策しているWEBページだけでなく、リスティング広告のページも表示されます。広告では1クリックにつき課金されるため、多くの流入があったとしてもそれだけコストもかかる仕組みです。

一方SEO対策により上位表示されれば、広告費がかかることなく多くの流入が実現します。

自然検索の結果やリスティング広告よりもクリック率が高い傾向にあるため、その点もメリットと言えるでしょう。

メリット②コンテンツが資産になる

SEO対策をして上位を獲得できたコンテンツを継続してブラッシュアップしていくことで、長期にわたって集客チャネルとしての効果が期待できます。良質なコンテンツがサイト内に蓄積されていけば、コンテンツが資産となってドメインパワーの向上にもつながります。

SEO対策のリソースが自社にないという場合には、専門の業者に依頼することも可能です。

SEO対策の業者選びについて、詳しくはこちらをご覧ください!

SEO対策を業者に依頼するか迷っている方必見!判断基準や業者の選び方まで正直に解説

デメリット①成果が出るのに時間がかかる

SEO対策に取り組んだからと言って、すぐに効果が出るわけではありません。一般的には3~6カ月かかると言われていますが、対策キーワードによっては1年程度かかることもあります。

なかなか成果が出なくても諦めず、中長期的な取組みとして進めていく必要があるでしょう。

デメリット②順位が落ちるリスクもある

上位を獲得できても安心は禁物です。Googleは頻繁にアルゴリズムのアップデートを行っており、急にアルゴリズムが変化してしまうこともあるからです。

特に大規模なアップデートの際には検索順位の変動が激しく、順位が大きく下降してしまうリスクもあります。常に最新情報をキャッチして、自社のコンテンツのブラッシュアップを欠かさないようにしましょう。

SEO対策でやってはいけない基本のこと

SEO対策で成果を出すために、守りたい基本事項がいくつかあります。以下の項目はSEO対策を行ううえで基本的なこととなるため、しっかりと理解しておきましょう。

①ブラックハットSEOはやらない

基本中の基本ですが、ブラックハットSEOはご法度です。

ブラックハットSEOとは、Googleのガイドラインを遵守せずに不正なやり方で上位を獲得する方法を言います。被リンクの大量設置やコピーコンテンツ、クローキングなど、アルゴリズムの穴を突いて順位を上げる方法のため、低品質なコンテンツが上位になってしまう可能性があります。

しかしこれは不正な行為なので、当然のことながらGoogleからペナルティが課せられます。

またGoogleはこのようなことがないようにアルゴリズムのアップデートを行って性能を高めているため、仮にブラックハットSEOをしたとしてもすぐに気づかれてしまうでしょう。

ブラックハットSEOのような姑息な方法は使わず、正規のSEO対策を行うことでGoogleにも正当に評価してもらえます。

②質の悪いコンテンツは出さない

ユーザーの検索意図を満たさない低品質なコンテンツは、ユーザーの利便性を損ねてしまいます。それにも関わらず、クロールやインデックスの手間は良質なコンテンツと同程度にかかってしまうため、クローラビリティを低下させる要因にもなりえます。

とはいえ質の悪いコンテンツを削除してしまうと、WEBサイト自体の順位変動にも影響しかねません。

そこで低品質なコンテンツには、インデックスしないようにクローラーに指示する「noindex」や、クロール自体を拒否する「nofollow」を設定しましょう。

③Google検索エンジンのアップデートに追いつく

Googleの検索アルゴリズムは日々進化しており、短期間のうちにアップデートを繰り返しています。

そのため新たなランキング要素が加わったり、以前までのSEO対策の効果がなくなったりしてしまうこともあります。いつの間にか検索順位が落ちていたり、以前は許容されていた対策方法が禁止になってしまい知らないうちにペナルティを課せられていたりすることも考えられます。

アップデートの情報は常に意識し、変化に対応してSEO対策を行いましょう。

基本を理解して、正しいSEO対策で上位表示を狙おう!

SEO対策は難しいイメージがあるかもしれませんが、土台となる考え方は「ユーザーの利便性」という非常にシンプルなものです。ユーザー視点を忘れずに、ユーザーの検索意図を満たすコンテンツ制作を心がけていれば、自然と順位にも反映するでしょう。

とはいえ、HTMLタグの記述やページスピードの改善などの技術的な作業もあります。また最新情報の入手など、常に学習を継続しなければいけません。それゆえ周囲の協力を得ながら進めていくことがポイントになります。

しかしながらSEO対策に関する知識はノウハウが不足しており、自身で行うには不安があるという人もいるでしょう。そのような場合はSEO対策専門会社に依頼し、プロの視点でSEO対策をしてもらうことで、より早く成果を出すことができます。

目次
閉じる