SEO対策を業者に依頼するか迷っている方必見!判断基準や業者の選び方まで正直に解説

株式会社MEMOCOの

オウンドメディア支援

☑オウンドメディアを運用したいけれど、何をすればよいか分からない

☑運用の知識を持つ人がいない・人員が足りない

☑本気で心を動かすコンテンツを作り、高い成果を上げたい

上記に一つでも当てはまる方は、自社メディア運営で成果を上げる当社までご連絡ください!

「SEO対策をしているのになかなか成果が出ない」
「SEO対策の知識もノウハウもない」

このような場合、SEO対策を専門にしている企業に外注を依頼するのも一案です。

本記事ではSEO対策を依頼する際のメリット・デメリットやコストの相場、さらに選定のポイントまで解説します。SEO対策の外注依頼を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

目次

SEO対策はどこに依頼する?

SEO対策のリソースやノウハウがない場合、外部業者への外注依頼を検討する人も多いのではないでしょうか?

SEO対策を依頼できる主な内容には、以下のようなものがあります。

  • テクニカル施策(サイト構造、被リンク施策など)
  • コンテンツマーケティング(コンテンツ制作)

このうち、片方だけ依頼できる業者もあれば、どちらも包括的に依頼できる業者もあります。またコンサルティングから施策実行、さらには効果検証までワンストップで対応できる業者も存在します。

自社にリソースやノウハウが不足している分野や、コンテンツの難易度などに応じて依頼する業者を選定しましょう。

SEO業者がやってくれること

SEO対策を専門とする業者には、具体的にどのような内容を依頼できるのでしょうか?

主に依頼できるのは「内部対策」もしくは「外部対策」になります。それぞれを詳しく見ていきましょう。

①内部対策

SEO内部対策とは、WEBサイト内の設計を最適化する施策です。

Googleをはじめとする検索エンジンは、インターネット上にある膨大なWEBページにクローラーというロボットプログラムを巡回させ、各ページの情報を読み取ります。情報はデータベースに登録(インデックス)してから内容を整理し、ユーザーが検索したキーワードにマッチするWEBページを上位にランキングする仕組みです。

内部対策を行うことで、クローラーがWEBページの内容を正確に読み取りインデックスを促すことができます。

またGoogleのアルゴリズムは頻繁にアップデートしており、新しいランキング指標が加わっています。近年ではモバイルページを優先的にインデックスするMFI(モバイルファーストインデックス)や、WEBページの表示速度であるCore Web Vitals(コアウェブバイタル)などが追加されました。

これらのアップデートにスピード感を持って対応するために、SEO専門業者に内部対策を依頼するケースが多く見られます。

②外部対策

SEO専門業者に、外部対策を依頼することも可能です。

外部対策とは自社サイトが外部サイトからリンクされたり、ユーザーからのサイテーションを獲得したりする行為です。外部対策は自社サイト外で行われるものであるため、社内でコントロールするのが難しいです。

そこでSEO専門業者に依頼することで被リンクを獲得し、自社サイトの信頼性や専門性を高められます

しかしながらGoogleではガイドラインで購入したリンクや不自然なリンクは不正とみなし、ペナルティを課すとしています。そのためSEO業者はテクニックを駆使して自然なかたちで被リンクを発生させ、不正なリンクにならないように工夫します。

SEOの外部対策については、こちらで解説しています!

SEOの外部対策とは?被リンクの重要性と獲得方法を解説

SEOにつながる”サイテーション”とは?獲得方法や検証方法についても詳しく教えます!

 

SEO対策を業者に依頼するメリットとデメリット

SEO対策は、専門業者に外注を依頼することが可能です。

外注を依頼することにより、リソースやノウハウがなくてもSEO対策を行えるというメリットがあります。ところがコスト面などのデメリットやリスクも、少なからず存在します。

SEO対策を業者に依頼する際には、以下のメリットとデメリットを理解してから検討しましょう。

メリット①他のことに時間が取れる

SEO対策を外部に依頼すると、本来やるべき仕事など他のことに時間を取れるようになります。

SEO対策で効果を出すには、高いレベルの専門知識やノウハウが必要です。そのため本気でSEO対策を行う場合、それだけに集中してしまい他の業務の進行を止めてしまう可能性もあるでしょう。

しかしプロのSEO専門業者に依頼できれば、自社のリソースを割くことなくSEO対策を実行できます。それゆえ自社の社員は本来やるべき仕事に注力でき、生産性が向上します。

メリット②効果が出やすい

専門業者はSEO対策に関するプロなので、ノウハウや知識が豊富です。

SEO対策を内製化する場合、知識が豊富な人材を新たに採用したり、今いる社員にSEO対策について学ばせたりしなければいけません。しかしそれでは時間もコストもかかってしまいます。

かと言って、知識が不足している社員をSEO担当者に起用してなんとなく進めていても、思ったように効果が出ないでしょう。

しかしSEO専門業者は知識も経験も豊富なので「このジャンルのWEBサイトなら、このような施策が有効だ」など、効率よく成果につながる道筋を理解しています。そのため内製化するよりも、時間をかけずに効果を出せるのです。

メリット③SEOの最新情報が手に入る

自分でSEOに関する最新情報を得ようとしても、Googleの公式ブログやTwitter、さまざまな海外メディアの記事などを読まないといけないため、多大な労力がかかります。しかもほとんどが英語で書かれているため、英語を理解できていなければいけません。

一方、SEO対策業者は検索エンジンのアップデートやアルゴリズムの変更など、常に最新の情報を得ています。そのため最新のアルゴリズムに対応したSEO対策が可能です。

SEO対策を業者に依頼する際には、作業を丸投げするのではなく、どのような背景から何の施策を行ったのかを把握しておくと良いでしょう。

デメリット①コストがかかる

SEO対策を業者に依頼することで、コスト面のデメリットがあります。

作業内容にもよりますが、専門性が高くハイレベルなSEO対策を行う場合や、SEO対策に関わるすべての作業を任せる場合は月に100万円近くかかるケースも見られます。

そこまでSEO対策に予算をかけられないという企業は、まずは費用対効果を検証してから業者を選びましょう

デメリット②悪徳業者が紛れている

SEO対策を外注依頼するとコストが必ずかかってしまいますが、いろいろと業者を探しているとリーズナブルな業者を見つけることもあります。他の業者よりも安いからと言って安易に決めてしまうと、複数の追加費用が加算されて膨大な金額を請求されてしまうケースも少なくありません。

リーズナブルな業者がすべて悪徳というわけではありませんが、中にはそのような業者も紛れていることもあるので注意しましょう。業者選定の際には、口コミや評価も確認するのがおすすめです。

デメリット③上位表示させる保証がない

SEO対策を依頼するとコストがかかるため、ある程度の成果は期待してしまうものです。しかしながら必ず成果を出せるわけではないことを理解しておきましょう。

アルゴリズムは頻繁に変更されており、急に今までの方法が通用しなくなることもあります。そのためタイミング次第では、なかなか上位を獲得できないケースもあるのです。

またSEO対策で上位表示されるには3~6カ月ほどかかります。業者に依頼したからと言ってすぐに効果が出るわけではない点も理解しましょう。

SEO対策を依頼する時の相場

さまざまなSEO対策業者がいるなかで、それぞれ得意としている分野も異なります。ここからは対策方法によってどのくらいの依頼費用がかかるのかを紹介します。

おおまかな相場を理解し、どの業務を外注依頼するのか検討してください。

ケース①SEOコンサルティング:10万円〜50万円/月

自社サイトのSEOに関するコンサルティングを依頼することで、SEO戦略の設計から施策実行、さらには効果測定、そして改善施策まで、PDCAサイクルを一気通貫で依頼できます。

この場合、数カ月もしくは数年の単位で契約をして実行していくため、毎月の固定費がかかります。大体の目安は月額10~50万円ほどです。

ケース②SEOサイト設計+ホームページ制作:100万円〜200万円以上

まだホームページを保有していない場合は、設計から制作までを依頼することも可能です。この場合、あらかじめモバイル対応や表示速度最適化などの内部対策が行われた状態のホームページを納品してもらえる点がメリットです。

費用は構築するサイト規模にもよりますが、100~200万円程度かかります。カスタマイズしたりシステムを組み込んだりすると、さらにコストがかかるでしょう。

ケース③コンテンツSEO:4万円〜30万円/月

オウンドメディアや企業ブログなどでコンテンツマーケティングを行う場合、主に記事などのコンテンツ制作を依頼できます。キーワード選定から記事執筆、さらにリライトまで依頼できる場合もあります。

「コンテンツ1本〇円」というケースがほとんどですが、毎月コンスタントに依頼する場合は月額4~30万円ほどかかります。専門性の高い内容であれば、さらに高額になります。

ケース④内部SEO対策:10万円〜100万円

内部対策を依頼する場合は、10~100万円ほどが相場です。対応するWEBページが多いほどコストもかかるので、ページや階層が多くサイト規模が大きいほどコストが上がります。

ケース⑤外部SEO対策:1〜15万円/月

被リンクやサイテーションを獲得する外部対策は、依頼すると月額1~15万円ほどかかります。「毎月〇本リンクを貼ります」などの契約が一般的です。

ただし近年の検索エンジンは性能が優れており、不自然なリンクを見抜くことができるようになっています。購入したリンクだと明らかになってしまうとペナルティを受けるリスクがある点については、理解しておきましょう。

SEO対策を業者に依頼する判断基準

SEO対策を業者に依頼するのにはさまざまなメリットがある反面、デメリットもあります。また前章でも触れた通り、それぞれのSEO対策の施策には少なからず依頼費用がかかります。

そのためSEO対策を依頼するかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか?

SEO対策にかける時間がない企業、SEO対策に関するノウハウがない企業は、外注依頼を検討しても良いでしょう。自社にはない部分を補ってもらえるため、効率的にSEO対策を実行できます。

とは言えコストはかかるので、充分な予算を確保できる場合に限ります。SEO対策はアップデートやペナルティなど予期せぬ事態が起こりやすいため、追加で費用がかかるケースもあるからです。

また外注を依頼する場合でも、ある程度のSEO知識は身につけておきましょう。まったく知識がないと、弱みにつけこまれて膨大な料金を請求されるかもしれません。相手の話をある程度は理解できるくらいにはSEO知識があると安心です。

安心して依頼できるSEO対策業者を選ぶ時のポイント

先述の通り、多様なSEO対策業者のなかには悪徳業者が紛れていることも事実です。どうせ予算をかけるなら、安心して依頼できる業者を見つけたいですよね。

そこでここからは安心して依頼できるSEO対策業者を見つけるポイントを紹介します。

ポイント①実績と実例を確認する

SEO対策業者を選ぶにあたり、実績や実例はその業者の信頼性を裏付ける判断材料になります。

実績が豊富であるほどSEOのノウハウや知見があると言えるでしょう。またSEO対策は業種やターゲットによっても戦略が変わってくるので、自社と類似の業界や業種での実績があれば、業界についての理解が深いと判断できます。

さらに公式サイトに実例が掲載されている業者もあります。具体的にどのような対策方法をしてどのような効果が出たのかを確認しておきましょう。

ポイント②具体的な施策を確認する

具体的にどのような施策を行うのか確認しておくと安心です。

SEO対策の外注では「コンテンツ制作のみ」「コンテンツ制作と内部対策」「すべてお任せ」などを依頼できます。またコンテンツ制作を依頼する際にも「執筆のみ」「構成と執筆のみ」「キーワード選定から執筆まで」「リライトまで含む」など、依頼できる内容は多岐にわたります。

これらの依頼内容の範囲をあいまいにしたまま進めていると「すべて任せられると思っていたのに、自社の担当業務もあった」「依頼範囲を任せていたら高額な請求がきた」などのトラブルを招きかねません。

また不正な方法で上位表示を獲得する業者も存在します。そのことにGoogleが気づくとWEBサイトはペナルティを受けてしまい、検索結果に表示されなくなってしまいます。「知らないうちに不正なSEO対策をしていた」ということがないよう、具体的にどのような施策を行うのか明確に確認しておきましょう。

ポイント③電話営業の業者は避ける

SEO対策の重要性が増している現代では、膨大なSEO対策業者やSEOコンサルティング会社などがあります。競争が厳しい業界であるため各社は営業活動に尽力していますが、しつこい電話営業をしてくる業者は避けたほうが良いでしょう。

なぜならSEO対策業者はSEOについてのプロなので、自社のWEBサイトから集客できる力を持っているはずです。ところがしつこく電話営業をしなければ顧客を獲得できないということは、SEOの知識が充分ではない可能性が高いでしょう。

ポイント④どのキーワードで検索上位に表示されているか確認する

時おり見られるのが「当社が担当した記事で上位表示されているキーワードが多数あります!」と言っているにも関わらず、確認してみると実際には検索ボリュームの小さいロングテールキーワードでの上位表示ばかりだったというケースです。

ロングテールキーワードはユーザーのニーズが明確になっているのでコンバージョンにつながりやすいというメリットはありますが、そもそもの検索ボリュームが少ないため大きな集客効果は得られません。また競合が少ないので、それほど高度な知識がなくても上位を獲得しやすいという特徴もあります。

一方、検索ボリュームの大きいビッグキーワードは競合コンテンツが強いため、高度なテクニックがなければ上位表示を獲得できません。そのためビッグキーワードで上位を獲得できていれば、専門性が高い業者を判断できます。

どのキーワードで上位を獲得しているのか確認し、そのキーワードの検索ボリュームも必ず確認しましょう。

ポイント⑤SEO対策の知識を教えてくれるかどうか

いずれは社内でSEO対策を実施していきたいという企業は、業者を選定する際にSEOに関する知識を教えてくれるかもチェックしましょう。独自のノウハウを教えてもらうことは難しいですが、基本的な知識や最新情報などは教えてくれる業者が多いはずです。

またSEOの知識を教えてくれない業者は、こちら側にSEOの知識がないことを逆手にとって勝手に話を進められてしまい、本来希望している内容とはかけ離れた依頼内容になるなどトラブルを引き起こす可能性もあります。

親身になってSEO対策の知識をわかりやすく説明してくれる業者を見つけましょう。

 

オウンドメディア支援なら、当社にお任せください!

 

ポイント⑥webマーケティング支援が可能かどうか

インターネットが発達している今の時代、WEBマーケティングの重要性が高まっています。SEO対策もWEBマーケティングの手法のうちの一つですが、ほかにもさまざまな手法があります。具体的にはWEB広告やSNS、メルマガなどです。

それらのWEBマーケティングを包括的に支援してくれる業者を見つけることで、検索エンジン以外の集客も期待できるでしょう。

SEO対策の業者への依頼は、慎重に!

SEO対策は高度なスキルやノウハウが必要となるものなので、社内に人材やノウハウがないという企業も少なくないでしょう。業者へ外注依頼することで、これらの問題を解決し効率的にSEO対策で効果を得られます。

ただしSEO対策業者は数多く存在するため、注意して選定しましょう。今回紹介した内容を参考に、実績や対応範囲などを確認しながら比較・検討してください。

また業者に依頼したからと言って必ずしもすぐに効果が出るとは限らないため、自社でもSEOに関する情報を収集したり知識を高めたりしながら、業者と二人三脚で進めると良いでしょう。

目次
閉じる